ミサイル発射 警報音、ドル円相場 時系列、ドル円トレード結果

スポンサーリンク

ミサイル発射 警報音、ドル円相場 時系列、ドル円トレード結果

8月29日のNYカット時間のローソク足を確認し日足で買いのウップスが完成するには、109.017円を下に超えないと完成しないと予測、売りで仕掛けて休みました。利確値は、タッチで良いと思ったのでスプレッド分を足し109.021円で設定しました。朝、Jアラートで起こされてチャートを見て円高になっていることを確認。

何が起きたのかと思いスマホを見たら北朝鮮がミサイルを日本方向に発射したと警報に載っていました。ジタバタしてもしょうがないと思い、改めてチャートを分析しました。

ドル円相場 時系列

ドル円チャート

NYカット時間の終値のチャートは、フォレックスのチャートになります。

真ん中が60分足チャートになります。赤丸のところがNYカット時間のローソク足です。この時点で買いのウップスでしたがスマッシュディパターンにもなってませんし、日足を確認したら下押しで始値が完成していて109.017円を下回らないと買いのウップスのパターンが完成しないと判断、冒頭に書いたとおり売りで仕掛けました。

NY市場終値のチャートは、岡三オンライン証券の本口座のチャートです。

北朝鮮のミサイル発射の報道を受けて円高になっています。

ミサイル発射 警報音

その時のtwitterのNHKの報道は、

その後の報道は、

でした。

ドル円トレード結果

昨日のドル円トレード結果です。

ラリーウィリアムズの短期売買法のパターンで分析し2回ほど仕掛けました。結果は、16.1銭でした。

0時のNYカット時間の60分足と日足のローソク足を見てフォレックスのMT4のチャートを確認、明日のNY市場終値の寄り付きを予想して売りで仕掛けた結果は、

21.2銭の結果でした。しかし最近、暗示みたいにNYカット時間でNY市場の終値の寄り付きが予想できるようになりトレードでは、おおきな成果を上げています。ラリーウィリアムズの短期売買法のパターンさまさまですね。(笑)

NYカットオプション情報

今日の朝の時点の情報です。

111.50円 売り
111.10-20円 断続的に売り
111.00円 売り厚め、OP29日NYカット大きめ
110.50円 売り
110.20-30円 断続的に売り
110.00円 売り
109.70円 売り
109.50円 売り・超えるとストップロス買い
109.15円 8/29 4:27現在(高値109.41円 - 安値109.03円)
108.90-9.00円 断続的に買い
108.50-90円 断続的に買い・割り込むとストップロス売り
108.40円 買い
108.20円 買い
108.00円 買い・割り込むとストップロス売り
107.80円 買い
107.50円 買い

111円に買いのOPがありますね。

経済指標スケジュール

8月29日 15:00 ドイツ 独9月GfK消費者信頼感 10.8 10.8
8月29日 15:45 フランス 仏4-6月期GDP・改定値(前期比) 0.50% 0.50%
8月29日 15:45 フランス 仏4-6月期GDP・改定値(前年比) – 1.80%
8月29日 22:00 米国 米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比) 5.70% 5.69%
8月29日 23:00 米国 米8月消費者信頼感指数 120.3 121.1
8月30日 02:00 米国 米7年債入札(280億ドル)
8月30日 メイ英首相来日(8月30日-9月1日)

左が予想値で右が前回の結果です。-は、予想値がないことを意味します。

今日も米国債7年物の買いOPがあります。今回は、NYカットオプション情報の買いOPとスケジュール的に重なりますから買いの動きが活発化するかもしれません。

それにチャート上の日足では、NYカット時間とNY市場の終値のチャートで買いのウップスのセットアップになっていますし9日移動平均線の木曜日と金曜日が売られすぎを表しているので買いのウップスん条件が揃っています。自分は、買いの戦略で行きたいと思っています。

気になる経済指標

今日8時30分に7月 全世帯家計調査・消費支出(前年同月比)、7月 失業率、7月 有効求人倍率の発表がありました。

7月 全世帯家計調査・消費支出(前年同月比) 結果-0.2% 予想0.7% 前回の結果2.3%

この指標データーが気になります。小売り業界の売り上げに直結するデーターなので個人消費の低迷を示唆しています。消費増税さえなければ金融政策は、成功し個人消費も良かったはずだと個人的には、思います。もはや日本の個人消費の活性化は、消費税を5%に戻すしかないような気がします。GDPにおける個人消費の割合の多さから考えれば理解できるはずなのですが政府・官僚は、どのように思っているのでしょうか?困ったものです。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、 アイランドです。 大学の理工学部を卒業後、某アパレルグループに入り新入社員から専務、系列の社長を歴任し退社。金融のFXに興味を持ちフリーで勉強、今は、安定した成績をだせるようになりました。時事ネタや政治・行政・経済・金融・fxなど興味のあることを中心に書いています。よろしくお願いします。