ラリーウィリアムズの短期売買法、スペシャリストのワナについて

スポンサーリンク

ラリーウィリアムズの短期売買法、スペシャリストのワナについて

自分が考えるにラリーウィリアムズの短期売買法は、スマッシュディパターン、隠れたスマシュディパターン、スペシャリストのワナ、ウップス!とパターンが4つありますが短期時間粋に利用できる手法は、ウップス!以外の3つのパターンがトレードをする上で重要な理論だと考えています。

ラリーウィリアムズの短期売買法、隠れたスマッシュディ・パターン

2017.08.09

ラリーウィリアムズの短期売買法、スマッシュディ・パターン

2017.08.09

スペシャリストのワナ

スマッシュディを利用した別のパターンを見てみよう。この概念を創案したのは、1930年代に株のトレーディング講座の教科書を書いたリチャード・ワイコフです。ラリーウィリアムズは、彼の仕事に親近感を持っていたみたいです。1966年と1967年、ラリーウィリアムズは、カリフォルニア州カーメルの図書館の丁度真向かいで働いていたそうです。カーメルに住んでいたワイコフは、色んな本を書き、のちにそれをその図書館の寄贈したそうです。昼休みに図書館に行き、偶然彼の寄贈した本と巡り合い、ランチを取りながら彼の本を読むのが日課になったそうです。

市場は、「操作されている」。相場操縦を行う人々によってではなく、おそらく集団の意識、「彼ら」のゆがんだ意識によって。⇒これがワイコフの考え方です。

この集団が市場を動かし、一般大衆を間違った場面の市場に引き寄せるということです。上場されている各銘柄の売り注文と買い注文を実際に突き合わせる仕事をしている。ニューヨーク証券取引所のフロアーのスペシャリストと呼ばれる集団は、フロントランニング顧客である投資家から注文を受けた仲介業者(証券会社)が顧客の注文の前に自分の注文を先に出す違法行為を行ったり株価を操作して一般大衆を罠にはめるとして非難されてきた。パターンのタイトル名、「スペシャリストの罠」は、ここから来ている。

しかし私は価格を操作しているのは彼らではなく値動きのダイナミズムつまり値動きの気宇壮大だと思っている。私にはスペシャリストの知り合いがいるその一人がビル・エーブラハムズで、彼との付き合いはかれこれ15年になる。彼らが株価を操作していないことをエーブラハムズは、私が納得できるように証明してくれた。 

売りのワナが発生するのは上昇トレンドにあった市場が5日から10日間保ち合いやボックス相場に入った後、トレーディングレンジを超えたむき出しの終値を伴って、上方にブレイクアウトした時だ。

ここで注目しなければならないのはブレイクアウトした日の安値であるこの安値が下にブレイクされ価格が1日から3日にわたってその下方で維持されれば上方へのブレイクアウトはだましであり一般大衆はインチキ商品をつかまされた可能性が高い。彼らが感情的な買いの罠にはまる一方で売り抜けたものたちは天井で株や商品を一般大衆に売りつけたことになる。

スペシャリストの 買いのワナは、これの逆である。下降トレンドにあった市場が5日から10日間保ち合いやボックス相場に入った後トレーディングレンジの期間中のすべての安値を下回るむき出しの終値を伴って下方にブレークすればそれがスペシャリストの買いのワナである

理論的に考えれば価格はさらにを下げられるように思われる。通常はそうである。しかし価格がブレイクした日の高値の上に上昇してくれば反転する可能性が高い。保ち合い市場の下に置かれた売りの逆指値注文は全て約定する。一般大衆は自分たちがブレイクダウンを引き起こしたにもかかわらず今や怖くてトレンドの反転では買えない。

以上がスペシャリストのワナの現象です。

スペシャリストのワナは、短い時間粋の15分足、30分足、60分足にも有効です。5分足も有効ですがサインが多すぎて利確ポイントが難しくなる傾向があるので最低でも15分足を勧めます。

チャート図は、ドル円チャート日足の終値が0時のタイプです。NY市場クローズのタイプでは、ありません。しかしこちらのほうが隠れたスマッシュディやスペシャリストの罠の発生具合が良い場面で出ています。NY市場クローズのタイプでは、このようなサインは、発生していません。

ドル円チャートでは、日足は、0時の終値タイプとNY市場クローズのタイプと両方、分析する必要があると思います。上の図にスペシャリストのワナの買いのセットアップを記載するのを忘れてますが転換線を挟んで下値でスペシャリストのワナが発生して買いトレンドに見事に転換しています。4月の11日と5月の15日近辺にスペシャリストのワナの買いのセットアップがあります。

 

ラリー・ウィリアムズの短期売買法【改定第2版】 (ウィザードブック)

新品価格
¥8,424から
(2017/8/10 20:14時点)

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、 アイランドです。 大学の理工学部を卒業後、某アパレルグループに入り新入社員から専務、系列の社長を歴任し退社。金融のFXに興味を持ちフリーで勉強、今は、安定した成績をだせるようになりました。時事ネタや政治・行政・経済・金融・fxなど興味のあることを中心に書いています。よろしくお願いします。