休日のドル円相場チャート、N波動とは、先週のドル円トレード結果

スポンサーリンク

休日のドル円相場チャート、N波動とは、先週のドル円トレード結果

約10日間程、ドル円のN波動の観察をしてました。N波動とは?チャートは、3波動で動いていると言われています。一目均衡表やエリオット波動などでは、よく言われている言葉ですが短期足を60分足と30分足に定義して波動の動きに注目しました。3波動なら奇数で完結するはずだと考えて回数を数えていました。

ドル円チャート

休日のドル円チャートが書かれているのは、岡三オンライン証券のデモ口座しかありません。正確に波動数をカウントするなら365日のデーターが載っているチャートでないと意味が無いと思いこちらのチャートをチォイスしました。大きな動きがN波動なら短期でI波動の動きを読めたらその方向にトレードするだけの話になるので単純に短気でI波動を分析することに努めました。

9月24日10時30分現在のドル円チャート

ドル円の30分足・60分足・日足チャートの9月24日10時30分現在の状況を表しています。

 

ドル円チャート60分足

短期での大まかな流れI波動を分析するのに60分足をチョイスしました。連続線で波動を確定しています。

一目均衡表の波動の考え方では、N波動は、日足で5回の波動回数があると言われています。実際日足で確認すると転換線や基準線や時間軸で分析するので出た結果に対しての分析になるので推測が遅くなる可能性が高くなります。よって短期足でI波動を分析したほうがディトレードには、有利と考えて分析しています。

まずN波動を確定する。これは、連続線で2本や4本で確定して連続線で終値が最初の連続線を終値で抜けたものをN波動として確定しています。それと安値や高値からスタートする連続線を必ず最初の1回のa波動としています。そのあとは、連続線で分析を行っています。

ドル円チャート30分足

終値で最終短期足でのN波動を確定していますので30分足チャートも選んでいます。理由は、むき出しの終値が多く出てラリーウィリアムズの短期売買法のスマッシュディパターンでのむき出しの終値が多く出るからです。それにより波動数の確定がしやすくなりました。

今回は、最終局面しか載せていませんがルールとして1~4波動までは、60分足で連続線でむき出しの終値でN波動を確定しています。5以降は、30分足で分析をしています。4回までが60分足でカウントしてそれ以降は、30分足で細かな分析が必要になります。

ドル円チャート日足

直近のドル円チャート日足を載せておきます。日足では、I波動を明記しています。

今回の分析の基本となるN波動の考え方を図にしました。

N波動の簡単な図

 

分析していると5回までは、確実に同じ方向に動いています。問題は、6回目です。6回目が未達成(5回目の高値や安値を更新しない)場合7日目が最後の転換ポイントになります。次の転換が12回目で未達成で13日目で高値や安値を更新して転換することです。今がこの場面で実際転換されるかどうかがこの分析の重要な局面になると考えています。

6が更新した場合は、上昇の場合、8~11までは、安値が更新されようが必ず高値更新しています。面白い現象ですね。

N波動を正確に把握できれば偶数回での転換は、ありえないということになります。転換の場合は。おそらく偶数回で未達成になり最後の奇数回で高値や安値を更新して転換するのでは、ないかと分析しています。しばらくこの方法で分析してみて波動数と価格の関係を突き詰めてみたいと考えています。無駄になるかもしれませんがエリオット波動論もあるぐらいですから何かしらの結論を導きたいと思います。(笑)

ドル円トレード結果

分析をメインにチャートを見ていましたので10日ほどの期間でトレードは、一回だけでした。日足でN波動が5回とするならば更新型なら10回のI波動があることになります。偶数回は、ありえないと考えますから11回となります。今回は、11回で売りのポジションをとりました。利確は、60分足の陰線の3手でむき出しの終値の位置付近になります。

ipadproでトレードをしたのでその利確情報の画面となっています。2ポジションを持ちましたから1ポジション大体60銭ほどの利益となりました。

※6回が未達成の場合、7回目で転換で6回目が更新したら11回までは、更新する。12回が未達成なら13回で更新して転換で14回も未達成なら15回も未達成?か更新か?今がその場面だと思います。おそらく11回以上からは、3尊のレンジ相場になるのでは、ないでしょうか。どの回で加速するのか分析したいと考えています。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、 アイランドです。 大学の理工学部を卒業後、某アパレルグループに入り新入社員から専務、系列の社長を歴任し退社。金融のFXに興味を持ちフリーで勉強、今は、安定した成績をだせるようになりました。時事ネタや政治・行政・経済・金融・fxなど興味のあることを中心に書いています。よろしくお願いします。