NY市場クローズの時間が終値のMT4のドル円チャート日足を検証。

スポンサーリンク

NY市場クローズの時間が終値のMT4のドル円チャート日足を検証。

色々調べましたが日本で唯一のNY市場クローズの時間を終値のした日足チャートが表示できるMT4チャートだと思います。株式会社FXトレード・フィナンシャルのMT4、通称FXTFが運営するMT4です。デモ口座を開設して検証しました。検証して分かったことが多々ありました。

FXTFのMT4の検証

下記の記事にも書いていますが日本のFX会社のチャートには、日足において終値が0時のタイプと日本の市場時間開始が終値のタイプ、それにNY市場クローズの時間が終値のタイプの3種類存在してます。スキャルピングのトレード手法なら気になりませんがディトレードの手法を使う自分にとっては、大きな問題なのでデモ口座を開設して実際トレードをしてみて判断しようと検証してみました。

ドル円トレード結果、8月11日と先週の成績、ドル円チャート分析

2017.08.13

FXTFのMT4の検証動画

実際のデモ口座でのトレードの動画を作りましたからご覧ください。

 

良い点

インジケーターで日足より短い時間帯は、チャート上に日足の終値と始値が表記され夏時間と冬時間に切り替えることができる。

悪い点

新規注文の際、スプレッドが0.3銭と表記されてるが実際は、0.6銭~0.8銭となっており売りの決済の際には、1銭ぐらいのスプレッドで換算したほうが良い。

新規注文の際、成り行きは問題ないが仕掛け値などを入力する際、現行の値と50ポイント、実際は、0.5銭の開きがないと仕掛け値を注文できない。岡三オンライン証券だと0.3銭となっている。

結論

一番のポイントは、日足チャートの終値がNY市場クローズの時間になっている点です。他に悪い点は、トレードする側が工夫すれば解決できるので分析用のチャートでも良いので最低でもデモ口座を作ることをお勧めします。

 

感想

他のFX会社と比べチャートの値動きの変動が早い。早い順番だとFXTE>フォレックス>岡三オンライン証券順番になると思います。でもフォレックスと岡三オンライン証券は、ほぼ同じぐらいかな?あくまでも個人の感想です。(笑)

自分の場合、スマッシュディパターンなど15分足で使う場合があるので仕掛け値を入力する際、50ポイント(0.5銭)の幅がないと注文できないシステムがやりずらさを感じ、困ってしまいました。60分足のスマッシュディパターンなら問題なく仕掛けることができますが短い足ほど不便さを感じると思います。

ただそれをカバーするのがNY市場クローズの時間で終値になっているところですね。それと色んなインジケーターを使える点ですね。自動売買もできますからね。

MT4派ならお勧めのFX口座だと思います。ただ短い足のプログラムは、50ポイント(0.5銭)の問題をクリアーしないと自動売買は、むずかしいのかな?と思います。自分は、裁量トレードなので分析用で使おうと思います。

自分の日足の分析は、岡三オンライン証券のデモ口座の土日でも値動きがわかるチャートとフォレックスの週6本になりますが0時の終値のタイプのMT4チャート、それにNY市場クローズの時間のFXTFのデモ口座のチャートがあればOKとなります。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FXランキング

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、 アイランドです。 大学の理工学部を卒業後、某アパレルグループに入り新入社員から専務、系列の社長を歴任し退社。金融のFXに興味を持ちフリーで勉強、今は、安定した成績をだせるようになりました。時事ネタや政治・行政・経済・金融・fxなど興味のあることを中心に書いています。よろしくお願いします。